看護師が転職する時期には良い・悪いが存在

「人間関係も良くないし勤務が大変だから別の病院に転職したい」
看護師さんによくある悩みですね。

実は看護師が転職する時期には良い・悪いが存在しており、その「良い」時期に転職することで条件がアップしやすいことはご存知でしょうか?

看護師の転職に良いとされる時期。
それはボーナスが支給される直前の「4~6月」と「10~11月」です。

なぜ、ボーナスと転職の時期が関係しているかは、皆さん何となくイメージできると思います。
多くの人は、今の職場に対して一区切りつける目安として「ボーナスが支給されたら退職・転職しよう」と思うものです。
したがって、人の移り変わりが激しい医療業界の中でも、特に転職市場が活発になる時期です。

病院側としては、ボーナスの時期に看護師が退職することは想定していることですが、それでも看護師が不足すると困るものです。

中には、転職した看護師の穴を補充せずに運営する病院もありますが、多くの病院では看護師を募集して組織を再構成しようとするもの。
つまり、少し給与条件等が高くても看護師を受け入れたいと思うのです。

つまり、ボーナスが出た時期は看護師の要望が通りやすいと言えます。

あなたが考えていた希望の給料よりも良い条件で働ける可能性も、非常に高いです。

逆に、ボーナスとは関係ない時期に転職する看護師はそれほど多くありませんから、転職市場としては条件が良くない時期に入ってしまいます。

こうした「転職に適した時期」を考えて、転職活動を行うことも良い職場を探すコツです。

チェックキーワード:

このページのトップへ