以前に比べて第二新卒の看護師が転職をしやすい

「最初の病院をすぐに辞めてしまったけど、第二新卒として就職活動をしたい」

看護師の世界でも、最初の就職は失敗しやすいもの。
やはり、就職経験が無いために、本当に自分の条件に合った職場かどうかを見極めることができずに早期退職してしまった、というケースは少なくありません。

第二新卒とは、基本的に学校を卒業してから3年以内の就業希望者を言います。

昨今の就職難で、「学校を卒業してから3年間で就業経験が無い場合は新卒とみなす」とされましたが、第二新卒に関してもある程度同じような認識を持ってもらえば良いと思います。

つまり、転職を受け入れようとする病院の思惑としては、「第二新卒の看護師は特定の病院のやり方に染まっていない=新卒の看護師のようにうちの病院の方針を受け入れやすい」と考える点にあります。

第二新卒の場合は、新卒と比べると看護師としてのスキルや基本的な社会人のマナーを持っており、かといって、ベテラン看護師のように「自分のやり方」にこだわりすぎない傾向があります。

昨今の転職市場をみると、病院としては第二新卒の看護師に興味を持っており、また、転職支援サービス側も第二新卒の転職活動には力を入れています。

したがって、以前に比べて第二新卒の看護師が転職をしやすい時期になりました。

以前は、「最初の職場で3年働けない人間はまず転職できない」と言われていましたが、今は自分に合った職場を探すために転職には積極的な時代。

第二新卒、早期退職者だからとあまり気にせず、転職活動を行いましょう。

チェックキーワード:

このページのトップへ