准看護師の給料は50~100万円程度違います

正看護師と比べると、比較的早い時期から働けるのが准看護師

基本的に、正看護師は高等学校を卒業してから看護系の専門学校や看護系の大学を卒業しなければなりません。

しかし、「家庭の事情でそこまでの学費が捻出できない」「早く看護師として働きたい」と言った事情がある方は、看護系の高等学校(衛生看護科といった科を選択して)で、准看護師の免許を得ることになります。

正看護師と准看護師の違いを制度的に見ると、「国家資格か知事免許か」という点にあります。

また、准看護師は「医師や正看護師の指示を受けなければ医療行為が出来ない」という点が特徴です。
正看護師と准看護師は同じ仕事をしていても、准看護師の場合は「(法的に)自分1人では働けない」という問題を抱えてしまうことになります。

このことの何が問題かというと、准看護師の給料に大きく影響を与えてしまうということです。

業務内容は同じなのに、正看護師に比べると准看護師の給料は50~100万円程度違います。

また、准看護師は法的に正看護師とセットで配置しなければならず、人数の少ない当直などでもシフトを組みにくいという問題があります。
これも給料に影響してくる部分です。

「看護師になることが夢だから」と思っている准看護師さんも、やはり同じ仕事をしているのに正看護師と給料が違うのは多少なりとも気になるもの。

准看護師から正看護師にステップアップする道もあります。
給料だけでなく、就職の選択肢を増やしたいなら正看護師を目指すのもアリかもしれません。

チェックキーワード:

このページのトップへ