結婚や出産で退職していたブランクが気になります

職業をジェンダー(性別)によって差別・区別するのは良くない、という風潮がありますが、やはり「看護師=女性の職業」というイメージを持っている方が大多数でしょう。

実際、統計を取ると看護師の9割は女性と言われているように、女性が多い職業です。

長い看護師人生ですが、多くの女性は退職する時期がやってきます。
それは結婚や出産です。

結婚したからと言って退職しなければならないわけではありませんが、妊娠・出産となると、さすがに一旦看護師から離れなければなりません。

つまり、女性の場合は男性に比べて「看護師を辞めたい」という理由以外で退職する確率が高い、と考えることができます。

事実、結婚生活や子育てが落ち着いてから復職したいという看護師さんも少なくありません。

そうなると、看護師の仕事を離れていた期間のブランクが気になりますね。
ブランク期間に新しい法制度が登場していたり、ブランクの影響で点滴や採血などが出来なくなっていたりといった不安があります。

「ブランクがあるから復職できない」と悩む看護師を対象に、「復職支援セミナー」を開催する病院は多数あります。
もしかしたらあなたの地域でも、頻繁に開催されているかもしれません。

女性の看護師でブランクに悩んでいる方は、あなた以外にも沢山います。

そういった方たちと、看護学生に戻ったような気持ちで研修を受ければ、ブランク期間の不安も無くなるはずです。

「看護師としてもう一度働きたい!」
そのように考えているのであれば、復職に向けてアクションを起こしてみてはいかがでしょうか?

チェックキーワード:

このページのトップへ