月収は低いと悩む看護師が多い

「看護師は月収に悩んでいる」と言われて納得できる看護師の方は、結構多いのではないでしょうか?

世間的に見ると、「医療関係の仕事をしているなら月収も高いんじゃない?」と思われがちな看護師。
しかし、看護師の月収が低いと思う理由には2つの側面があります。

まず、「命を扱う」看護師に対する労働時間プレッシャー

これを考えると、月収は低いと悩む看護師が多いのも頷けると思います。
もちろん、一般企業よりも月収は高いのですが、医療ミスによって患者さんの容態が悪化した場合、その責任は医師と看護師に向けられます。
これは看護師の仕事を続けるか辞めるかという悩みにも発展することが多く、非常に重要な問題であると言わざるを得ません。

次に、看護師の仕事は「月収だけで判断できるものではない」という点が挙げられます。

これはどういうことかと言うと、看護師の年収はボーナスによって大きく左右されるということです。
そのため、月収が低く抑えられていることに悩みを抱える看護師も多いのです。
ボーナスの支給額が高ければ良いのですが、それでも月収は生活費だけでなく毎月のモチベーションと関わってくるもの。
これも看護師にとって結構大きな悩みの1つでしょう。

誰だって月収が高く、ボーナスも安定した職場で働きたいに決まっています。

看護師の月収に対する職務内容のプレッシャーや、年収トータルの考え方について、あなたも一度考えてみて、今働いている病院やクリニックでは自分の希望する条件が叶わないのであれば、転職するのも1つの手段かもしれませんね。

チェックキーワード:

このページのトップへ