夜勤はしたくないと悩む看護師も少なくない

人間の身体は夜寝るように作られています。

しかし、社会のシステムは看護師に夜勤をするように要求しています。
救急病棟入院可能な病院があることで、看護師は夜勤をしなければならないのです。

もちろん、看護師も他の職業と同じように夜勤に対する手当はついています。

例えば、若い看護師の給料において夜勤手当は意外と大きなウェイトを占めるものですが、それでも「夜勤はしたくない」と悩みを抱える看護師も少なくないでしょう。

求人募集を見ていると、「夜勤OKな看護師さん募集」という求人を見かけることがあります。

家族がいる看護師さんにとって、夜勤は難しいと感じるでしょう。
「看護師の免許を持っているからそれを活かして働きたいけど、夜勤があるから働けない」、これは結構大きな悩みです。

そういった病院は、シフト制なので日勤で働く機会もありますが、夜勤があることが前提だと求人に応募しにくくなってしまいますよね。

実は病院側もこういった現実に悩みを抱えていて、「夜勤もあるから看護師の応募が無い」と感じています。

そのため、例えば育児中の看護師が働きやすいように日勤のみでも受け入れたり、24時間体制の育児所を用意したり様々な工夫をしています。

夜勤が出来ないからという悩みで看護師を諦めるのではなく、どうしたら夜勤が障害とならずに看護師として働けるか考える方が良いと思いませんか?

転職や復職を考えるときに、夜勤の日数を指定したり夜勤が無いように病院側に交渉するのも、1つの手です。

チェックキーワード:

このページのトップへ